意外と知らない?AGA(男性型脱毛)の基礎知識

意外と知らない?AGA(男性型脱毛)の基礎知識


20代以降の男性全体の30%がAGAの症状に悩んでいると言いますが、AGAについて詳しい情報を事前に把握している人は多くありません。
AGAは進行性の脱毛症で、放置するとどんどん薄毛の症状が悪化してしまうことがあります。

AGAの仕組みと原因を知れば、正しい対策も見えてきます。

AGAは男性ホルモンと遺伝で起こる脱毛症

AGAは男性型脱毛症の略式名称です。
その原因は男性ホルモンのひとつ、「テストステロン」の影響であると判明しています。

本来このテストステロンは性ホルモン結合蛋白(SHBG)と結合して活性を失っている部分が大部分を占めるのですが、体質によっては活性を失わない状態で血中に遊離していることがあるのです。
遊離したテストステロンを「遊離テストステロン」と呼び、この「遊離テストステロン」の血中濃度が高ければ高いほどAGAを発症しやすい体質という事になります。

ただし、遊離テストステロンの量が多くても直接薄毛に結びつくわけではありません。
遊離テストステロンが還元酵素5αリダクターゼによってジヒドロステロンに変換された時、頭皮の毛包にその受容体があるかどうかが、AGAを発症する体質かどうかを決めるのです。

AGAを発症する遺伝子

AGAを発症する遺伝子

頭皮の男性ホルモン受容体を「アンドロゲン受容体」と言います。
この感度が高ければ高いほどテストステロンが還元されたジヒドロステロンの活性が起こりやすく、脱毛症を引き起こしやすくなるのです。

この受容体を形成するのは両親から受け継ぐ男性ホルモン受容体遺伝子です。
遺伝で得る性質であるために、このレベルで脱毛リスクを減らす方法は現段階では医薬品を使用するほかありません。

男性ホルモン受容体遺伝子の形質はX染色体にあり、母親、父親、双方の家系から特徴を受け継ぎます。

ただし、どちらかと言うと母方の家系からの影響を受けやすいのではないか、という説も存在します。

AGAの予防と対策

AGAの予防と対策

男性型脱毛症の原因となる遊離テストステロンの量は、男性が成長する過程で増えていきます

しかし、遊離テストステロンの値が高く、かつアンドロゲン受容体の遺伝子形質を保有していたとしてもAGAを発症しない方も中にはいるのです。
全員が発症するわけではないという点から、予防的措置が一定の影響力を持つと考えられます。
薄毛予防には、夜間の良質な睡眠、適度な運動、バランスのとれた食事、ストレスをためず、タバコや飲酒はなるべく控えるというライフスタイルが理想です。

また、頭皮を清潔に保つため1日1回の洗髪が望ましいです。
頭を洗う時には頭皮を傷つけないように優しく扱い、必ずしっかり乾かすことも重要なポイントとなります。
ただし、AGAが発症してしまった場合、個人での対策で効果を出すのは難しいでしょう。

その場合は、薄毛治療育毛剤の利用が必要です。
現在AGAの進行をストップさせるにはプロペシアという内服薬が最も効果が高いと言われています。

しかし、プロペシアはあくまで「現状維持」を目的としているため、発毛にはあまり効果が期待できません
すでに薄毛が進行してしまっている場合は、プロペシアで進行を抑えつつ、治療で発毛を目指すのが得策です。
プロペシアについては、次回詳しく説明したいと思います。

PAGETOP