AGA治療薬「プロペシア」のメリット・デメリット

AGA治療薬「プロペシア」のメリット・デメリット

治療しなければ進行してしまう薄毛に「AGA」がありますが、その代表的な治療薬「プロペシア」についてご紹介します。

プロペシアはAGAに対して有効とされている5αリダクターゼ阻害薬ですが、一方でデメリットもある薬剤です。
使用する前にどのようなデメリットがあり、果たしてそれがメリットと比較してどれだけのリスクであるのかを判定されることをオススメします。

「プロペシア」のメリットとは

「プロペシア」のメリットとは


男性型脱毛症の対応薬としてプロペシアが有名なのは、日本皮膚科学会が「強く勧められる」と発表するほどの効果が確認されているからです。

2010年度の日本皮膚科学会が公表した円形脱毛症診療ガイドラインでは、プロペシアはA段階の評価を受けています。
A段階は5段階に設定されている評価の中では最上で、実効性のあるAGA治療薬が数少ない中で「プロペシア」を信用する根拠としては十分です。

プロペシアのメリットをまとめると以下のようになります。

・ 有効性が認められている
・ 医師の管理のもとで薄毛治療に当たれるので安心感がある
・ 薄毛の進行に対する抑制効果に信頼性がある
・ 飲み薬であるため周囲に薄毛治療を受けていると気付かれにくい

次にデメリットをご紹介します。

「プロペシア」のデメリットとは

「プロペシア」のデメリットとは

■ プロペシアのデメリット
・ 効果が出るまでに時間がかかる
・ 薄毛対策には服用を継続しなければならない
・ 副作用の心配がある
・ 女性は服用できない
・ 脱毛を阻害する薬剤であって発毛を促進するものではない
・ 服用するようになると献血できない

重要なのは、プロペシアが「脱毛阻害薬」であって、「発毛剤」ではないということです。
本来プロペシアはフィナステリドとして前立腺がんの治療薬として活用されていました。
その治療の過程で脱毛を抑制する効果を発見され、これがテストステロンの5α還元酵素によるジヒドロステロンへの変換、アンドロゲン受容体への働きかけを解明する大きな手掛かりとなったのです。

この薬剤は5αリダクターゼによるテストステロンの還元を抑制します。
その効果は前立腺がん治療で証明されているのですが、効果はそこまでです。

ある程度の症状を呈するAGA患者の場合、脱毛を阻害するだけでは薄毛改善には不十分となる可能性が少なくないでしょう。
プロペシアで脱毛を抑制しつつ、発毛治療を同時に受けるというスタイルが現在では主流です。

プロペシアを飲んでいるから大丈夫、というわけでありませんのでご注意ください。
また、デメリットの大きな要素としてプロペシアの副作用も考える必要があります。

■ プロペシアの副作用
・ 肝機能障害

・ ED症状
・ 性欲減退
・ 射精不全
・ 精子への影響
・ ポストフィナステリド症候群

女性にとってはもとからタブーとされる薬剤ですので男性機能に関する副作用ばかりになりますが、アメリカでは薬剤の注意書きとして記載するよう正式に要請された条項です。

ただし、プロペシアによって副作用が出る可能性は決して高くはありません
個人差もありますので、深刻に考える必要はありませんが、「副作用がある」ということを把握した上で服用することは大切です。

プロペシアが体に合わなかったとしても、別のAGA治療によって薄毛を改善できるかもしれませんので、自分に合う方法を探してみることをオススメします。

PAGETOP