男女に共通する紫外線の恐怖!頭皮に悪影響を与える光老化

男女に共通する紫外線の恐怖!頭皮に悪影響を与える光老化

薄毛の原因はさまざまですが、中には男女に共通する因子も多数存在します。
そのひとつに「紫外線」があります。

紫外線によって肌が日焼けしたり、シミになったりする事はよく知られていますが、その影響が頭皮にも及んで薄毛を進行させる可能性があることまで認識している方は少ないのではないでしょうか。

強い日差しのもとに長時間頭髪をさらしていると、髪の毛は次第に赤茶けて乾いた状態に変化していきます。
この時、紫外線は頭皮の内側の毛母細胞にまでダメージを与えているのです。

紫外線による薄毛の進行はどうして起こる?

紫外線による薄毛の進行はどうして起こる?


紫外線の作用には浸透性があります。
頭皮に当たった紫外線は細胞を破壊するのですが、紫外線による細胞破壊は徐々に進行するため、光に当たったその場で察知する事は出来ません。
この、紫外線の影響でゆっくりと進む細胞破壊のことを「光老化」と呼びます。

光老化は頭皮と頭髪で同時進行します。
頭髪の場合はメラニン分解、タンパク質構造の劣化による切れ毛、枝毛などと言った現象がわかりやすいサインとなるでしょう。

一方頭皮では、皮膚の保護機能を担う皮脂膜を酸化させてしまいます。
皮脂の酸化は毛穴の炎症に繋がり、毛穴の炎症は皮脂の過剰分泌につながるのです。
そのようにして毛穴が詰まれば毛母細胞の活動は制限され、発毛機能を失ってしまうかもしれません。

紫外線の影響による薄毛を予防するには

紫外線の影響による薄毛を予防するには

光の作用による薄毛を予防するには、季節を問わず頭皮と頭髪を紫外線から守る工夫が必要です。

■頭部の紫外線対策
・帽子をかぶる
夏に帽子をかぶる方は男女問わず多いと思いますが、紫外線を防ぐ効果は確かです。
とはいえ長時間帽子をかぶったままでいると湿度過剰になり、頭皮がふやけて傷つきやすくなるので注意しましょう。

なるべくサイズが緩めの帽子を選ぶようにして下さい。
そして、定期的に頭から外して湿気を飛ばすことをオススメします。
きついサイズを選んでしまうと頭皮の血行不良に結びつきますのでご注意ください。

・タオルを活用する
男性の中には、仕事でヘルメットを着用する機会があるかと思います。
ヘルメットは湿気がこもりやすく、頭皮環境の悪化を招きやすいアイテムです。

しかし安全のために着用義務を課せられているのであれば着用しないわけには行きません。
その場合はヘルメットの下にタオルを巻いて汗を吸収させるなどの工夫をお勧めします。

・日傘を使用する
男性にとっては縁遠いアイテムかもしれませんが、日傘は非常に有効性の高い紫外線対策アイテムです。
ただし、商品によっては十分な加工がされていないこともありますので、購入前にしっかり紫外線カット機能があることを確認して商品を選ぶようにして下さい。

また、頭皮の紫外線対策の他に、目からも紫外線が吸収されるためサングラスの装着もお勧めします。

紫外線による光老化は誰にでも必ず起こります。
例えその時には影響を自覚できないとしても、将来に渡って紫外線を浴び続ければいずれ老化が目に見える形で表出してくる可能性は高いでしょう。
気付いた時がはじめ時、と思って、ぜひ紫外線対策に取り組んでみてはいかがですか?

PAGETOP